ピアス

ピアッシング

ピアッシング

感染・炎症を防ぎながらきれいなピアスホールを作れるよう、ピアッシングは皮膚科で受けることを推奨します。ピアッシングは、皮膚に穴を作る立派な医療行為です。ピアッシング用の器具はお店でも販売されており、個人でも気軽にピアスの穴を作ることができますが、感染や炎症を起こし受診される方も多いです。
また、完成されていないピアスホールにピアスが埋まってしまうケースもあります。
当院では感染などのリスクを考慮して、耳たぶのみを対象に施術しています。軟骨部分やボディーへの施術には対応できません。ご理解いただけますと幸いです。

未成年者は、保護者の同席をお願いしています。
当院では、下記の方針に従って施術しています。

  • 高校生の方は、保護者の方との同席が必須です。
  • 中学生以下の方へのピアッシングには対応していません。

※20歳未満でピアスの穴開けをご希望の方は、原則として保護者様の同伴が必要です。 やむをえず同伴できない場合は同意書を印刷し、保護者様直筆のサインをした上でご来院ください。


医療機関でピアスホールを作るメリット

医療用ファーストピアスを使うため

医療機関レベルの衛生基準に合わせるため、きちんと滅菌処理が行われた医療用ピアスを使っています。

ハイクオリティかつ安全性が高い素材

アレルギー反応が出にくい「チタン」を使ったファーストピアスを用意しています。

アフターケア

間違ったケアを行うと、ピアスホールの感染・炎症リスクが高くなります。炎症がひどくなったり長期化したりすると、ピアスホールが塞がってしまう可能性もあります。
当院では自宅でのケア方法を丁寧に指導し、トラブルが起こった時の処置にも対応しています。分からないことがありましたら、お気軽にご相談ください。

治療の流れ

1マーキング

ピアスホールを作りたい箇所に、印をつけさせていただきます。ピアスホールの位置は、患者様が装着したいピアスの形・サイズによって変わります。耳の形・耳たぶの角度は一人ひとり異なりますし、左右対称とは限りません。患者様だけの正解の位置があります。
どういったピアスを装着してみたいのか、具体的に想像して位置を決めていただくことをお勧めします。

2穴を作る

医師が専用器具を使ってピアスホールを作ります。ピアスホールのケア方法についても、丁寧に説明していきます。当院では感染リスクなどを考慮し、耳たぶ以外の部位(軟骨・ボディー)のピアッシングは行っていません。

ファーストピアス後の注意点

傷が塞がってピアスホールが完成するまで、6~8週間ほどの期間を要します。ピアスホールからファーストピアスを取ってしまうと、穴が塞がってしまいます。ピアスが入りにくくなった状態で無理に装着しようとすると、皮膚が傷ついたり腫れたりします。
ピアスホールができるまでの間はファーストピアスを外さず、入浴や就寝中も装着したままにしてください。

ファーストピアスはご自身で取っていただきます。ピアスホールを作ってから6~8週間後になりましたら、外してください。
なお、ファーストピアスのキャッチは外れないよう固めに作られています。上手く取れない場合は、当院へお問い合わせください。
ピアスホールが安定するまでにはある程度の時間を要します。個人によって異なりますが、6ヶ月程度はピアスをつけ続けてお過ごしください。

費用

片耳(プラスチック) 3,300円(税込)
片耳(チタン) 4,000円(税込)
両耳(プラスチック) 6,600円(税込)
両耳(チタン) 7,500円(税込)

※その他初診料として、1,000円(税込)がかかります。

キャンセル料について

当院での自由診療は全て予約制となります。ご予約をキャンセルあるいは変更される場合は前日(前日が休診日の場合は休診日前の営業日)までにご連絡いただきますようお願いいたします。
なお、当日の変更・キャンセル、無断キャンセルされた場合は、施術費用のうち50%のキャンセル料が発生いたしますので、ご理解とご了承のほどよろしくお願いいたします。

よくある質問

ピアスホールを作る時、痛みはありますか?

痛みを最小限に抑えるため、耳たぶを冷やしてから施術しています。痛みはチクッとする程度で、施術もすぐに終わります。強い痛みや出血が起こる可能性はほとんどありませんので、ご安心ください。

金属アレルギーがあります。それでもピアッシングは可能でしょうか?

当院では、金属アレルギーのリスクがかなり少ない医療用チタン製のピアスを使っています。

ピアスホールが膿んでジュクジュクしてしまい、かゆいです。

速やかに受診してください。当院ではできる限り、ピアス穴を活用できるよう対処しています。必要があればお薬を処方させて頂きます。

一度の施術で複数のピアスホールを作ることは可能でしょうか?

可能です。ただし、キャッチ同士がかぶらないよう、間隔を空ける必要があります。また、ピアスホールの個数分の費用がかかります。感染のリスクを回避するため、耳たぶ以外の部位(軟骨・ボディー)の施術には対応していません。

ファーストピアスを外すタイミングはいつでしょうか?外した後、他のピアスに付け替えても大丈夫でしょうか?

患者様によって異なりますが、ファーストピアスは6~8週間経ってから外してください。外した後に問題がないことが確認できましたら、他のピアスに変えても問題ありません。

TOPへ